自動販売機天国日本|オフィスに自販機を導入しよう|設置は無料で行なえる

オフィスに自販機を導入しよう|設置は無料で行なえる

自動販売機天国日本

缶

コストを考える

日本全国には、約500万台の自販機が設置されているといわれています。さらに、設置台数は、年々増え続けています。 自販機は、手軽で24時間飲料を買うことができますが、どの自販機でも、利益を獲得できている訳ではありません。例えば、交通量が多い場所に設置されている場合や高速道路のパーキングエリアでは、利用人口が多いので、収益が出やすい傾向があります。しかし、通行量の少ない山間部に設置されたものや、販売している種類が少ない場合は、多額の収益は見込めないです。 以上を踏まえると、利用人口が多い場所を考えた場所に、重点的に設置することが、売上げ躍進の近道であると言えます。 また、販売者は、在庫切れが起きないように、補充の頻度を増やすことも大切です。

電気代を安くして経費削減

自販機はどの台でも24時間販売されていることが多いです。しかし、深夜や早朝など比較的利用人口が少ないと思われる時間は、電源をoffにして、電気代を節約する方法もあります。また、最近では省エネ機能が搭載した新型の自販機も登場しています。どのようなものかと言えば、普段は暗めの照明で、人が前に立つと、センサーで感知して明るい照明に切り換わるという仕組みです。この方法は、単に省エネとなるだけでなく、防犯効果にも非常に貢献しています。 売り上げを伸ばすためには、台数を増やせばよいと思われがちですが、そうではありません。少ない台数を適所に設置することで、1台あたりの稼働率が上がるのです。オフィスや食堂などに設置することで、消費者にも便利で喜ばれます。