オフィスに自販機を導入しよう|設置は無料で行なえる

企業内で役立てられている

珈琲

社員や関係者用にも設置されている自動販売機ですが、汚れが取れなくならないように計画的に清掃を行うことが大切です。清潔な環境は雰囲気も良好にします。販売目的だけでなく、社員のリフレッシュの場やコミュニケーションの場として活用できます。清掃の役割分担で、美化への意識を高めることも可能です。

More Detail

自動販売機天国日本

缶

自販機は、現代の日本では欠かせない存在となっています。それは、手軽で便利であるからです。 しかし、必ずしも収益が出るとは限らず、設置場所や電気代などのコストをよく吟味したうえで、販売する必要があります。

More Detail

休憩タイムを幸せなものに

コーヒー

オフィスコーヒーは、コーヒーサーバーが無料のところも多く、本格的なコーヒーが安価で飲めるので、導入には多くのメリットがあります。オフィスコーヒーの導入により、社員のリフレッシュができるばかりか、社員同士のコミュニケーション活性化にもつながる大変有効なツールです。

More Detail

オフィスへの導入と検討

自動販売機

オフィスで飲み物を買いたい場合、外のコンビニに買いに行く方法があるが、外にでることが面倒な場合が多い。大きな企業では、建物内に売店を備えているなどによりこれらの手間を省けるが、導入していないオフィスが多い。これらの社員の利便性を上げるものとしてあるのが、オフィスへの自販機設置である。オフィスへの自販機設置を行うことで利便性の向上の他、自販機設置と合わせて休憩スペースを設置することで、社員同士のコミュニケーションを図る場を提供できるということもある。オフィスでの自販機設置では、通常の缶コーヒーなどを販売する物の他、紙パックの飲料やその場でコーヒーを抽出するカップコーヒーの自販機などもあり、それぞれ特徴がある。

企業がオフィス内に自販機設置を行う場合には、検討すべき事項もある。自販機設置においてはまずは、スペースの確保が必要になる。賃貸オフィスを活用している場合などでは、ぎりぎりのスペースを借りて運営しているケースもあり、自動販売機を設置する場所が取れない場合もある。そのような場合においては、省スペース型の自販機設置が効果的である。最近では、省スペースでも設置できる自動販売機がでており、これらの導入を検討すると良い。また、電気代への影響もある。自動販売機では、ものにより多くの電力を消費するものがある。最近では企業で、節電に勤めているケースもある。このような場合では、省エネタイプのものを導入すると効果がある。